時を経てきた物を販売
魅力的な物を見いだせるお店にします

ONLINE SHOP
ショップ

身近にある面白いもの

散歩していると、ふとした時に面白いものを発見します。(意識しないと中々、見つけるの難しいですが)そんなアノニマスデザインをご紹介。見る人にとっては面白く、アートやデザイン的な目線で楽しめます。普段、何気に使っている物が、違う使われかたをしていたり、異なる用途を生み出したりと、人によって考え方は無限で自由です。
品物

小さなリキュールグラス

グラスはグラスでも手のひらサイズのリキュールグラスを3種ご紹介。外国では現在でも手軽で直ぐに飲める、リキュール系は人気があります。若い人はあまり、馴染みがないかも知れませんが、日本でも最近は良く見かける、イタリアの食後酒として代表的はリモンチェッロなど最適です。
ショップ

木製のドア2 | 気になる家シリーズ

やはり良い。昔のドア。古いと色々と問題はあると思いますが、ヨーロッパの古いドアと大違い。素朴、シンプルで味わいも申し分ありません。もう少し古いと引き戸になって、古民家とかの玄関の類になります。東京の下町はほとんどが洋風のドア。仕方ありません。
ショップ

下町散歩-食事編(浅草)

品物

小さめの木製椀

木皿の種類で、平皿はヨーロッパでも比較的多く、中でも珍しい木製の椀を二種ご紹介。シンプルで素朴なフォルムは日本の生活でも馴染みます。堅くて丈夫な良い器、末永く、ご愛用いただけます。どちらも19世紀頃のイタリアの物となります。
ショップ

水木しげるの作品

水木しげるの古めの作品を、色々と物色しています。妖怪は、昔から伝えられている歴史的な存在。ファンタジーでシュールな作品が多く、結構マニアックです。身近にマニアやファンは、なかなかいません。
ショップ

お盆期間の営業

お盆期間8/10(土)~8/15(木)は、営業しておりますが、配送会社が繁忙期となる為、ご希望到着日時にお届けできない可能性がございます。通常より、2~3日余裕を持ってのご指定をお願いいたします。
品物

帽子の木型2

前回紹介した帽子の木型はサイズ用の木型でしたが、今回ご紹介するのは、サイズ用ではなく帽子のデザイン木型です。デザイン的には、恐らく高貴なハットか、ヘッドドレスの類いと思われます。帽子を勉強されてる方には、色々と参考になるのではないでしょうか。19世紀後期頃のイタリアの物となります。
ショップ

下町散歩-食事編(池袋)

毎月第2土曜日に時間があれば、朝早くから散歩のついでに護国寺の骨董市へ。出店者はそれほど多くはないのですが、好きな骨董市の一つ。色々と物色した後は、定番のスイーツを買うのが習慣です。そこで、先日は護国寺から近くの池袋へ。
ショップ

2019隅田川の花火

思いのほか天気が良かったので、隅田川の花火大会へ。人が多く、高い建物で余り見えないのが残念ですが、日本の夏の風物詩。やはり、ライブで体験したいものです。響く音や、匂いが微かにするところは、やはり良いです
品物

帽子の木型

帽子を作成する工程で、サイズ作成があります。人の頭のサイズは、小さい人から大きい人まで様々。そんな沢山ある頭のサイズから、一つの木型をご紹介。サイズ表記はスタンプではなく、型で大きく記されており比較的古い物となります。丸みのある綺麗なカーブを描き、木製ならではの優しい表情が魅力的で古紙が張り付いているところ等、風合いも良いです。
ショップ

小さい頃の好物

まだ小さい頃、夏になると母方の祖父母によく貰っていたわらび餅。知らない間に自分の好物になっていました。(※基本的に餅類は好物です。)既に祖父母は他界しているのですが、わらび餅の印象はまだ残っていて、未だに好物です。
ショップ

宮沢りえさんの表紙

今から何年も前のお話しですが、たまたま本屋に用事があり立ち寄ったところ、ある雑誌が目にとまる。女優の宮沢りえさんの表紙。写真やスタイリングに惹かれて、衝動買い。雑誌の内容にはほとんど興味が無かったのですが、仕方ない。スラっとした、シンプルなメンズファッションと宮沢りえさんの雰囲気が見事な感じで衝撃を受けた
ショップ

トーキョーアンティークフェア2019

毎年恒例のイベントの一つ東京美術倶楽部で開催するアンティークフェア。mejiroコレクションや青花が古道具とするなら、アンティークフェアは古美術品が多数あります。どちらかと言うと美術館のイメージに近いです。アンティークや古道具などが好きな方なら、楽しめる展示会です。
品物

教会の燭台

世界各国、神聖なる場所として昔から教会は存在しております。そんな教会で使用されていた17世紀の木製燭台をご紹介。教会の規模にもよりますが、どんな小さな町や田舎にもあり、キリスト像、聖書、そして燭台など、教会には不可欠な物でもあります。時代を超えて尚、今日も存在し続ける事は嬉しい限りです。
concept 主に海外から、実用品を買付けて販売しています。
アンティークやヴィンテージ、オールドから現行品までを取り扱い、枠にとらわれない
様々なジャンルの魅力ある商品を、新しい形で提案出来るショップを目指します。
音楽、映画、本、art、ファッション、デザイン等の良い物や、人、国、料理、愛、笑顔等の
素敵なモノは万国共通で、国境は存在しないと考えています。
そのコンセプトから英語の“ cross border (cross the border)”の意味合いを無くそうという事で
簡単で馴染みのある“ and ”を“ プラス ”の意味も含めて中心に入れた
“cross and border (クロス アンド ボーダー)”がショップ名となりました。
始めたばかりの小さなショップですが、何か新しい事への挑戦をし続けていきます。

ご意見、ご要望、ご質問など
お聞かせください。

お問い合わせ