時を経てきた物を販売
魅力的な物を見いだせるお店にします

ONLINE SHOP
ショップ

木製のドア | 気になる家シリーズ

今回の気になる家シリーズは木製のドア。 今までのは、こちらからご覧ください。散歩していて、新築のドアより良いなと感じたドアです。古い病院のドアは良いなと感じることが多く、風合いも◎こういったドアが無くなっていくのは寂しいです。
ショップ

青花2019

先日の6/7~6/9に、行われていた青花のアンティークイベント。神楽坂周辺の何ヵ所で開催。当店も色々と偵察に行ってきました。アンティークや古道具が好きな方は楽しめます。出店者の方々は、この日の為に色々と面白い品物を出しているので見応えあります。目白コレクションとはまた違った感じで、もう少し気軽な雰囲気
品物

カッティングボード

本日、ご紹介するのは、18世紀頃のカッティングボード。古くからヨーロッパで使用されていた物です。無垢の木なので、ずっしりと重たく、なんと厚みが6cm弱。昔のヨーロッパでは物を大事にした習慣があり、持ち主がイニシャルや年代などを入れておりました。こちらは取っ手に1731と年代を入っております。
ショップ

グラフィック-フォント

パッケージや看板など、いわゆる昔と現代とはかなり異なります。やはり、各時代には流行があるのではないでしょうか。それぞれ特徴はありますが、ヴィンテージ物のグラフィックも面白い。配色やフォント、バランスなど独特なデザイン。パッと見て感じる違和感。古さを感じながらも、現代にはない、どこか新鮮なもの。印象的。シンプルという物は、どの時代にもあると思いますが、捉え方が異なるのでしょうか。
ショップ

下町散歩-食事編(築地)

今回の紹介は銀座からすぐの築地。築地と言えば、市場。そして魚。そんな魚を食べに、よくランチへ行くのが魚竹。ここの鮭の定食とナカオチのコンビが、私の定番となっております。お昼ですと、夜と比べてリーズナブル。価格帯は千円前後
ショップ

六古窯 | 出光美術館

6/9まで開催している六古窯。有楽町の出光美術館に見に行ってきました。数えきれないほど通っているので、何となく見たことがあったりするのですが、一度に沢山の物が集まると、やはり見応えがあります。そして、ここの美術館大好きなところは、やはり陶片室。陶片室は日本のやきものがメインですが、様々な時代の物があり勉強になります。勿論、中国、韓国、アジア、ヨーロッパの物もあります。
ショップ

愉しき西洋骨董

世界的な彫刻家の豊福知徳さんが、亡くなられたのをニュースで見ました。彫刻家として、とても有名な方で、骨董もかなり好きで本を出されております。そして、ミラノで40年ほど住んでいて、私が住んでいた時間とも重なってる。いわゆる先輩でもあります。直接は存じておりませんが、イタリアのアンティークを集められていたり、色々と共通点があり親近感がありました。
品物

木彫りの装飾パネル(その3)

前回のその1、その2に続き、木彫りの装飾パネル(その3)。本日、ご紹介するのは17世紀のウッドパネル。前回紹介した1、2とも違う良さがあり、見ているだけでも飽きません。本当に絵画の様です
ショップ

シンプルな階段 | 気になる家シリーズ

散歩途中での気になる家シリーズの続きです。以前の記事はこちらとこちら。本日は通路用の階段。お家の中の階段ではなく、外の階段。一方通行で、一人しか通れません
ショップ

下町散歩-食事編(馬喰町)

今回の紹介は日本橋の近辺、馬喰町。散歩のコースとしては銀座~秋葉原を歩いていて、偶然みつけた北出食堂。雰囲気も良く、気になって入ったのが最初。そして、北出食堂はメキシカンのタコスが有名。アメリカに本店があるみたいです。そりゃ、本場の味を引き継いでやっているお店みたいなので、美味しいです。
ショップ

力石

散歩しいて、古い家や長屋などを見つけると、足を止めて観察します。窓や玄関、ランプ、壁など、各家によって面白い発見があります。それは、お寺や神社も同様。木材や作りもそうですが、各お寺や神社の特徴があります。歴史についての立て札や重要文化財など、知らない事が書いてあり色々と楽しめます。
品物

木彫りの装飾パネル(その2)

前回ご紹介した木彫りの装飾パネルとは異なり、今回は教会の物。16世紀の木彫りの装飾パネルとなり、木の肌合いや、塗装など風合いは魅力的です。
ショップ

日本の陶片色々

現在、主にヨーロッパの古い物を取り扱っている当店ですが、出来れば様々な国の良い物を取り扱いたいと思っております。母国でもある日本もその内の一つ。常に勉強は欠かせません。本から得る知識も大切ですが、やはり自分で物を買うのが一番の勉強と考えております。
品物

小さなグラス

ガラスのグラスには、たくさん種類が存在します。本日、ご紹介するのは通常より小さいめのリキュールグラスになり、19世紀の物を2つご紹介。小さなグラスは数があれば選ぶのも楽しく、お気に入りのグラスで飲むお酒は美味しくいただけます。イタリアの強いお酒、サンブーカやリモンチェッロなどにいかがでしょうか
ショップ

下町散歩-食事編(三ノ輪)

知らないところを散歩するのが大好きです。日本だけでなく海外も同じ。東京だとやはり下町を散歩することが多いです。古い町並み、長屋や古民家、使われていないお店などなど。そんな下町を散歩するついでに、やはり美味しい食事処も探します。その下町でしか食べられないところや、名物があります。
concept 主に海外から、実用品を買付けて販売しています。
アンティークやヴィンテージ、オールドから現行品までを取り扱い、枠にとらわれない
様々なジャンルの魅力ある商品を、新しい形で提案出来るショップを目指します。
音楽、映画、本、art、ファッション、デザイン等の良い物や、人、国、料理、愛、笑顔等の
素敵なモノは万国共通で、国境は存在しないと考えています。
そのコンセプトから英語の“ cross border (cross the border)”の意味合いを無くそうという事で
簡単で馴染みのある“ and ”を“ プラス ”の意味も含めて中心に入れた
“cross and border (クロス アンド ボーダー)”がショップ名となりました。
始めたばかりの小さなショップですが、何か新しい事への挑戦をし続けていきます。

ご意見、ご要望、ご質問など
お聞かせください。

お問い合わせ