時を経てきた物を販売
魅力的な物を見いだせるお店を目指します

ONLINE SHOP

ショップ

ショップ

気になる家など

国内外問わず、どこでもそうなのですが、散歩をしている途中、知らないお店を発見したりして、面白い事が多々あります。 今はスマホがあって大変便利です。カメラ、地図は最初からあるのは嬉しい限り。気になる家を見つけると、少し眺めて記憶として写真をパチリ。
ショップ

商品撮影用カメラについて

商品を撮影するのに使用しているカメラは、少し古いタイプのRICOHのGRⅢを使用しております。古道具や古物を取り扱うのに、やはりマクロの撮影に適したものが良いと判断して、こちらのカメラを使用しています。現在のスマホもかなり性能が良いですが、当店では当分の間、こちらのカメラで商品を紹介してまいります。
ショップ

同業者の細かなところ

買い付けに行くときは、蚤の市は欠かさない。しかし、同業者の中でも色々な人がいる。そこで、買い付けの際に物と値段のバランスは繊細なところだが、決定的なところは、やはり信用できるかどうかだと感じる事が多いです。細かなところまで、目を配り確認する。物を大事にしている事も重要な要素。些細な事でも尋ねて話をすると、何となくどんな人かわかってきます。そしたら、少し高くてもこの同業者から買い付けようと考え、また、次回に繋がっていきます。
ショップ

インスピレーションを逃さずに

イタリアに限らず、日本でもそうですが、人やモノ、町、文化、歴史などからインスピレーションを受ける事が多いです。出来れば、このまま歳をとっても柔軟な状態を保っていけたらなと考えます。学ぶ事を忘れずに。
ショップ

田舎の交通事情

イタリアでもミラノ付近では交通機関に関してまだ良くなってきている方だど感じます。しかし、田舎に行く際は可能ならば車の方が良い。勿論、商品を買い付けるのは、車に越した事がないが色々な事情で車を使えない場合は仕方がありません。
ショップ

イタリアの魅力的な乗り物

現代と一昔前とでは、乗り物も異なってきます。デザインや機能面、長所短所ありますが、少し前の時代の乗り物は、やはり魅力的
ショップ

よく目にする光景

ヨーロッパではベランダや庭などを可愛らしくしていて素敵。こちらの気分も良くなります。周りの人の気分を良くさせるなんて理想的。こういった感覚も見習っていきたいと思います。
ショップ

Maiolicaについて

当店ではアンティークの白いマヨリカを取り扱ってまいります。日本には白いマヨリカはあまり出回っていなく、見つけるのは難しいのではないでしょうか。もしどこかで白いマイオリカを見つける事ができたなら是非、手に取ってご確認ください。
ショップ

美術館巡り

地方へ出掛けた時は、美術館へできるだけ行きます。偶然か必然か、良い展示会であることが多く、やはり勉強や刺激になります。
ショップ

鉛筆を使う頻度

学生時代、よく図面を製作していたのを思い出します。製作用道具を使い線を引く。アルファベットは通常より平たいように低く書く。現在、鉛筆から離れて時間が経ちますが、鉛筆を使っている人口はやはり減っているのか、ふと考えたりします。 流石に鉛筆は無くならないだろうと、考えているのは私だけかも知れません。
ショップ

イタリアの郵便について

ショップ

北欧やイタリア近辺

ショップ

イタリアの古い映画

イタリアの古い映画について、ちょっとしたお話
ショップ

足腰

ショップ

買い付け時の食事について

concept 主に海外から、実用品を買付けて販売しています。
アンティークやヴィンテージ、オールドから現行品までを取り扱い、枠にとらわれない
様々なジャンルの魅力ある商品を、新しい形で提案出来るショップを目指します。
音楽、映画、本、art、ファッション、デザイン等の良い物や、人、国、料理、愛、笑顔等の
素敵なモノは万国共通で、国境は存在しないと考えています。
そのコンセプトから英語の“ cross border (cross the border)”の意味合いを無くそうという事で
簡単で馴染みのある“ and ”を“ プラス ”の意味も含めて中心に入れた
“cross and border (クロス アンド ボーダー)”がショップ名となりました。
始めたばかりの小さなショップですが、何か新しい事への挑戦をし続けていきます。

ご意見、ご要望、ご質問など
お聞かせください。

お問い合わせ