アンティークショップのタイトルロゴ

時を経てきた物を販売
魅力的な物を見いだせるお店にします

ONLINE SHOP
ブログのタイトルロゴ

古道具・アンティーク

ショップ

2022 GW

2022年のGW(ゴールデンウィーク)。当店はGW中でもネットショップのご購入の発送は通常どおり行っております。
ショップ

2022目白コレクション-春

毎年恒例の展示会。行って参りました
品物

軟膏容器4

前回からの引き続き、軟膏容器の紹介。こちらは、大きさや作り、肌合いなどは全くの別物。同じ軟膏容器でも時代や国・地方によってこんなにも異なる
品物

小さい軟膏容器3

小さい容器ですが、存在感が強く、どっしりとしていて男っぽさがあります
品物

小さい軟膏容器2

今回は陶器タイプ。釉薬による味わいも良く、佇まいも素敵
品物

小さい軟膏容器

小さな小さな容器。1800年頃に使用されていた、軟膏を入れていた容器となります
ショップ

続・17世紀デルフトタイル

ショップ

17世紀デルフトタイル

白いスペースに、中央にちょこんと青で記されたタイル。蜂をモチーフにした可愛らしい物となります
ショップ

デルフト絵皿2

品物

デルフト絵皿

18世紀のオランダの絵皿をご紹介。西欧でも東洋の磁器に憧れを抱いていた時代があります
品物

イタリアの白皿2枚

本日はイタリアの磁器と陶器の白皿2枚をご紹介。次はいつ頃、白皿を探せるかは不明
ショップ

蕎麦猪口

今まであまり使用していなかった蕎麦猪口。最近はコレ一つで何でも済ませています
品物

18世紀 ピューター皿

錫を主体とする合金のお皿。全体が黒くシンプルな見た目が特徴
ショップ

2021目白コレクション-秋

毎回恒例の東京で盛り上がるアンティーク・骨董イベント「目白コレクション」
品物

エナメル彩ガラスボトル考察

エナメル彩ガラスボトルは、やはりドイツの物が多く有名。時代は18世紀頃が主流かと思われます
コンセプトのタイトルロゴ 主に海外から、実用品を買付けて販売しています。
アンティークやヴィンテージ、オールドから現行品までを取り扱い、枠にとらわれない
様々なジャンルの魅力ある商品を、新しい形で提案出来るショップを目指します。
音楽、映画、本、art、ファッション、デザイン等の良い物や、人、国、料理、愛、笑顔等の
素敵なモノは万国共通で、国境は存在しないと考えています。
そのコンセプトから英語の“ cross border(cross the border)”の意味合いを無くそうという事で
簡単で馴染みのある“ and ”を“ プラス ”の意味も含めて中心に入れた
“cross and border(クロス アンド ボーダー)”がショップ名となりました。
始めたばかりの小さなショップですが、何か新しい事への挑戦をし続けていきます。
コンタクトのタイトルロゴ

ご意見、ご要望、ご質問など
お聞かせください。

お問い合わせ